ブロックの種類について

更新日:2016/03/17

ブロックの種類

ここでブロックの種類を説明します。ブロックは前衛にいる3人で連携して行いますので、そのチームによってどういうブロックをするのかの方針が決めらていると思います。

リードブロック

上 がったトスに対して付いて行ってブロックします。付いていくので早い攻撃に弱く速攻などは打つ瞬間にようやく追いついてワンタッチを取る感じです。抑え込 むというよりはワンタッチやコースを限定してレシーブしやすくすることを目的としています。一般的にはリードブロックをしているチームが多いとおもいま す。相手セッターがとてもうまくてどこにあげるかわからない場合でも上がったボールについていけばいいので変な読み合いもしなくていいからです。とはい え、実際にプレーしていると騙されて速攻に飛んでしまったりするのでトスが上がるまで我慢しましょう笑

block_06

センターはレフト、ライト、センターと色々動かないといけないのできつい・・・

コミットブロック

主 に複数クイックを使ってくるチームに対して行ったりするブロックで基本選手を見て動きます。サッカーやバスケのマークと同じイメージでこの選手に飛ぶとあ らかじめ決めて、クイックの場合トスがあがる前に飛びます。ただし、その選手にトスが上がってこない場合などにブロックなしで打たせてしまう可能性が出て くるのでリスクも大きいです。

複数クイックを使ってくるチームには非常に有効だと思います。AクイックとCクイックの違いでも一人ではブロックしきれないのでそれぞれに1枚ずつつくことが有効でしょう。

block_05

そのほかの使い方としては、相手チームに絶対的なエースがいてそいつの自由にさせてはいけない場合などにそのエースに3枚ブロックをつけたりします。ただ、最初からエースの近くに全員固まっていたらバレバレなのでそれだけはやらないようにしてください。

ゲスブロック

ハ イキューを読んでて知りました。セッターの動きや試合の流れをみてなんとなくここに上がると「推測」して飛ぶブロック。癖のあるセッターなどもいることに はいますが、自由気ままにブロックに飛んでしまうと後衛のレシーバーとの連携なども乱れてしまうので気をつけましょう。

ある意味ブロッカーの飛びたいように飛ぶのも同じことなのでチームスポーツとしては良くないような気がしますけど・・・なので悪い例を載せておきます!笑

block_07

たしかにブロックについていると(速攻にあげそう)などと思って当たることはありますが、全部当たるとは限りませんし・・・余程の観察力や経験がないとやっても意味がないブロックになってしまうとおもいます。

移動とジャンプ

基本的にブロックの移動はサイドステップかクロスステップがいいかと思います。移動時には足の運びだけではなく、腕の動かし方にもいくつか方法があるので意識してみましょう。

サイドステップ

姿勢を低くしたまま左右に移動する方法。体力測定などで行う反復横とびをそのまま進んでいくイメージといえば分かりやすいと思う。

顔を正面に向けたまま左右に移動できるのでボールから目を離す瞬間が少なくなること。

ジャンプする際には膝を曲げないと飛ぶことができない。その分の動作がワンテンポ遅くなったりしてしまうので、あらかじめ膝を曲げながら移動すればその動作をしなくて済みクイックなどに対応しやすいというメリットがある。

クロスステップ

スパイクのステップの最後の踏み込みと同じようなリズムで、

右に進む場合は、右→左・右

左に進む場合は、左→右・左

のステップで移動しジャンプする方法。

その場で飛ぶよりも助走をつけやすいのでより高く飛ぶことができるのと、なんとなく相手スパイカーと同じステップを踏むことでタイミングを合わせやすくなるメリットがある。

また、クロスステップ移動時の少し違いでメリット・デメリットも変わってくるので覚えておくと便利。↓

手は前で正面を向きながら

サイドステップと同じで体を正面向け手は前に出したまま、足だけクロスステップを踏む方法。

サイドステップのメリットでもあるボールから目を話す瞬間が少ないのに、力強く飛ぶことができる。

体ごと横に向き腕をふって飛ぶ

ステップはスパイクとほぼ同じように腕もふって移動する。

全力でジャンプできることととなりの選手との位置も確認できる。

ただし、体が横向いているので空中でブロックするときに意識して体を戻さないと体が斜めになってしまい、ブロックに穴ができてしまいます。

コメント

コメント機能の実装テストをしています。入力したメールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください