センター(ミドルブロッカー)

更新日:2020/12/17

センターとは

ブロックやクイックをメインの攻撃としたポジションで基本的には身長の大きな人がこのポジションにつくことが多いです。後衛時はリベロと交代し前衛のみプレーする選手も多いですね。

また、チームのブロック役割にもよりますが、リードブロックの場合、相手セッターの動きに合わせて素早く移動しブロックをしなくてはいけないので前衛だけでもあっちへこっちへブロックをいく必要があるため、3ローテーションだけでもすごく大変ですね。

最近では、ミドルブロッカー(MB)と呼ばれることもあります。

センターのポジションと動き

クイックを打つために前衛の時はサーブカットには参加しないようにネット際にポジショニングをしてスパイクに備えることも多いですね。

攻撃はクイックがメイン、守備はブロックがメインといった風に基本的にネット際で空中での勝負になります。

主に前衛での働きが重要となるセンターですが、特にブロックは守備の要となるためネットに張り付いて相手の攻撃をブロックするために構えます。

攻撃のクイックはボールがセッターに入るタイミングを測ることが非常に重要なため、前衛の守備時はブロックしてすぐにアタックラインまでさがり速攻を打つといった慌ただしい動きになります。

センターに必要なスキル

高さ(身長・ジャンプ力)

なんといてもまずはこれがなくてはなりません。ブロックをするにしても一番打たれたくないクロスを守るのはセンターの位置ですし素早いクイックも高さが低ければ相手ブロッカーに触られてしまいます。

逆に相手の速攻をブロックで触ろうと思ったら、身長があったほうが少しのジャンプで触ることもできますしね

もちろんハイキューのような小さくて瞬発力のある人でもやれないことはありませんが漫画みたく間に合わないほどの移動の速さやジャンプする速度が変わるわけではありませんので、、、

体幹(空中バランス)

ブロックからのクイックの動きはかなり急な旋回とジャンプを繰り返すことになりますので試合中何回も繰り返していればバランスを崩してしまうことになります。その時に、ブロックでバランスを崩してしまうと相手にぶつかったり、着地時に隣の選手の足に乗ってしまい捻挫や骨折というパプニングもおこってしまいます。

そのようなことがおこらないように筋トレなどで体幹を鍛えるようにしましょう。