動きを取り入れたパスをしよう

更新日:2016/03/29

オーバーパス、アンダーパスはできるようになったでしょうか?

バレーの一番の基本プレーなので間違った形で身についてしまわないようにしてください。

動きながら取っていいわけではない

まず最初に誤解して欲しくないのは、動きと表現していますが「ボールを動きながら取る」ということではありません。

ボールがどこに飛んでくるか予測してボール下に動いて止まってパスをするということです。

「パスをするために動く」という考え方でのぞんでほしいと思います。

もちろん全部が全部止まった状態まで動けるなんてことはないのであくまでも気構えなんですけどね!

それでは次のステップに進んでいきましょう。

動きの中のパスとは?

overmove_02

柔らかい軌道のパスが何回も続くようになったら次は動きのなかでパスができるようになりましょう。

バレーボールのパスやレシーブの動きは大まかに以下のような流れで行われます。

  1. 相手を見る
  2. 相手がどこに出すか予測
  3. ボールが飛んでくる
  4. 落下地点を予測
  5. ボール下に移動して構える
  6. パスを出す

この動きをそれぞれの選手が繰り返し、試合が成り立っていると考えていいと思います。

さらに試合では相手も得点を取ろうと人のいないところにボールを出してきます。それを、相手の体の向きや手の形を見てどこに飛んでくるのか?ブロックに当たった時は?誰かがはじいてしまった時は?

など考えてながら試合をしているんですね。

いきなりそんなことはできないと思いますので、まずは簡単な動きの中からボールの飛んでくる位置の予測や体の動かし方を学んでいきましょう。

オーバーパスの長所短所

オーバーパスは左右の動きにはとても弱く、前後の動きにはある程度対応できます。

これは、左右の場合少しでもずれてしまうと左右の手の長さが変わるためうまくパスができなかったり、ドリブルを取られやすくなってしまいます。

前動きの場合は体をかがめたり、とっさにアンダーパスに切り替えたりできますし、後ろのボールは手を伸ばしたりジャンプをすることで対応できたりしますね。

overmove_01

基本的にオーバーパスを使う場面は、滞空時間の長いボール(サーブ)やゆるいボールのことが多いのでボールの軌道や回転をしっかり見極めてボール下に入るようにしましょう。

アンダーパスの長所短所

アンダーパスは伸びてくる後ろのボールに弱い傾向があります。

前と横であれば肩の可動域(かどういき)であれば面を向けながらある程度動かせますし、足も出しやすいところだと思います。

undermove_02

伸びてくる後ろのボールは、下がるかオーバーに切り替える必要がありますが、姿勢を低く腕を組んでいるためスムーズにはいかないためです。

undermove_01

アンダーパスは基本的にボールを腕に当ててはじく要領で飛ばすものなので、目で追うのが難しいスパイクなどの早いボールや低い姿勢を利用した届かないボールをしたからすくい上げる時に使います。

片腕や骨の出っ張ったところなど変なところに当たらないように面を飛ばしたい方向に向けるのを忘れないようにしましょう。

適切にオーバー・アンダーを使う練習

上記であげたオーバー、アンダーを使い分けて正確なパスをする練習をしていきましょう。

ランニングパス

undermove_03

必要人数:3人〜

ぐるぐると円を描きくように動いてパスをしましょう。

runningpass_s

↑クリックで動きます

どこに飛んでくるのか、パスを出してくる人の体勢は崩れていないかなど考えながら練習するとうまくいくと思います。人数が多いほど待ち時間も長くなりやりやすくなるので3人で厳しかったら5人からスタートしてみてもいいかもしれませんね。

左右パス

アンダー時の面の向け方と足の使い方を学びます。

undermove_04

左右に1歩踏み出してパスします。パスした後は元の構えに戻り逆を行います。

undermove_05

面をしっかり球出しの人に向けることと足を出した際につま先も球出しの人に向けると肩が入り面を向けやすくなると思います。

サイドステップ

左右パスの上位版でサイドステップの使い方と位置調整を学びます。

undermove_06

できる限り球を投げてから動き出すようにしてください。球出しの人は少し高めに投げて間に合うようにしてください。

球出しの人を基準に円を描くように動くことで飛ばしたい方向に向けて常に正面に捉えながらの移動ができます。

undermove_07

歩数が合わなかったり落下地点を読み間違えないようにしましょう

前後パス

球出し有り

overmove_03

前ではアンダーパス、後ろではオーバーパスで対応します。

球出しの人のさじ加減で大変さが変わってくるので練習相手によってボール位置を調整してあげてください。

前に進みながら取ったり下がりながらなどいろいろな場面で使う機会の多い動きですのでしっかり練習しましょう。

 

 

コメント

コメント機能の実装テストをしています。入力したメールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください