サーブの種類

更新日:2018/02/06

バレーボールの試合を行うにあたって必ずしなければならないプレー・・・それが、サーブです。

まずは、主審の笛の合図とともに8秒以内に打ち出さないといけません。

また、連続得点を取るためには入れ続ける必要があるので初心者の人は入れ続けられるように、中級者以上の人はより強力なサーブを打てるようにしましょう。

  • ※説明は全て右利きの場合で説明していきます。
  • ※アンダーハンドサーブとサイドハンドサーブについて認識違いがありましたので訂正しています。

一般的なサーブの種類

サーブにもはやりすたりがあり、日々新しいサーブが開発されているのではないでしょうか。

何となくですが、一般的なサーブをその性質に分けて派生表としてまとめてみました。

大きく分けて腕を振り当てに行くアンダーハンドサーブを基本とした上部のサーブ群とスパイクのようにボールを打ちに行くフローターサーブを基本とした下部の2種類のサーブ群にわかれます。

 

アンダーハンドサーブ

  • 難易度:☆☆☆☆☆
  • 速度   :★☆☆☆☆
  • 威力   :★☆☆☆☆
  • 変化   :★☆☆☆☆
  • 命中   :★★★☆☆

体育の授業で教えられる時のサーブでバレー部の場合はほとんど使うことのないとおもいます。

とにかくミスを少なくすることに特化しており、手に当てやすくボールを高く飛ばしやすいサーブになっています。

アンダーハンドサーブ打ち方解説

左手でボールを持ち、右腕をまっすぐ後ろにしてエンドラインに対して正面に立ちます。左足を前にして右腕前に振り上げるよにしてボールを打ち上げる打ち方。

ポイントは左手のボールは高くあげずに右手に当てやすいように持って行く感じの方がよいです、右手は真っ直ぐ振ることを意識し、あまり高い位置でインパクトしないようにしましょう。

 

サイドハンドサーブ

  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 速度   :★☆☆☆☆
  • 威力   :★☆☆☆☆
  • 変化   :★☆☆☆☆
  • 命中   :★★★★☆

初心者の方はまずはこのサーブが入るように練習しましょう!力のない女の子にもボールを遠くに飛ばすことができ、ミスも少ないサーブを打つことができます。とはいえ、威力はないのでとにかく入れたい人向けですね

サイドハンドサーブ打ち方解説

左手でボールを持ち、右腕を後ろにしてエンドラインに対して真横に立ち、右腕をバットのように振ってインパクトする打ち方。

一番安定してインパクトしやすいことと、振り子の力を利用して打つためそこまで力が必要ない誰しもが通る最初のサーブ。

ポイントは腕だけだとを振ると非常にミートしにくいため、頭は上下にぶれないようにすることと、ボールを高く上げすぎないこと、インパクトの時には左足を前に踏み込みながら前後への体重移動して打った方が威力も増して安定感が増します。

オーバーハンドサーブ

  • 難易度:★★★★☆
  • 速度   :★★★☆☆
  • 威力   :★★☆☆☆
  • 変化   :★★★☆☆
  • 命中   :★★★☆☆

オーバーハンドサーブ打ち方解説

立ち方はアンダーハンドサーブと同じですがトスは頭の上に上げて、右腕は上に円を描くように降ります。

頭上でインパクトするためボールが見ずらくミートしにくいですが、ボールを高い位置でインパクトするので飛んでいく軌道が地面と平行に近くなるためアンダーハンドよりも強力で空中で変化しやすいサーブとなります。

ひと昔のバレー界ではこちらのサーブが主力となっていましたが、最近はめっきりみませんね。

それでもママさんバレーとかでは今でも見かけるかと思いますし、うまい人は正確に狙い、強力な変化をつけて打ってきます。

 

 

フローターサーブ

  • 難易度:★★★☆☆
  • 速度   :★★★☆☆
  • 威力   :★★★☆☆
  • 変化   :★★★★☆
  • 命中   :★★★☆☆

フローターサーブ打ち方解説

エンドラインに対して正面に立ち顔の前でボールを手のひらでインパクトするサーブ。

打ちやすさや変化のさせやすさ、狙いやすさから多くの選手はこのサーブを打っています。

男子の場合は力任せに打てばネットを越すことはたやすいかと思いますが、女子の場合コツをつかむまではネットに届かないこともしばしばあります。

腕は前に押し出すように振ることと、トスの位置、これも体重移動が重要となってきます。

 

serve_01

  1. 左手でボールを持ちます。この時足は少し左足を前に出して後ろに体重をかけるようにしましょう。
  2. トスを上げるために左手を下げると同時に右腕を後ろに引きます。この時ヒジは下げないようにしましょう。
  3. ボールを上げると同時くらいに左足を前に踏み出し、しっかりと右腕は引きしぼって狙いをつけます。
  4. 左足を地面に踏みしめ体重をやや前に移動させます。右腕は降り始めていてもかまいません。
  5. トスの頂点、ボールが空中で止まる時に思い切り右腕を降ります。左手は胸の位置に引いて体のバランスをとりましょう。
  6. 斜め上に押し出すようにふりボールを高く飛ばすイメージをしましょう。

難しいのは左手で上げるトスを一定にさせること、左足を踏み込んでから右腕をふり始めるタイミングがバラバラになってしまいがちなので注意してください。

 

ジャンプフローター

  • 難易度:★★★★☆
  • 速度   :★★★☆☆
  • 威力   :★★★☆☆
  • 変化   :★★★★★
  • 命中   :★★★★☆

ジャンプフローターサーブの打ち方解説

ステップを踏みボールを高く上げてジャンプして空中で打つサーブ。

スピードや威力で勝負するのではなく、無回転のサーブで高い位置から変化をつけて相手に攻撃することを目的としています。

ボールと同時にジャンプするのではなく自分の手投げスパイクをよりコンパクトにする容量で打ちます。

 

ランニングジャンプフローター

  • 難易度:★★★☆☆
  • 速度   :★★★★☆
  • 威力   :★★★★☆
  • 変化   :★★★☆☆
  • 命中   :★★★☆☆

ランニングジャンプフローターサーブの打ち方解説

コートの半分くらいの距離を横に移動しながら最後にジャンプをしてサーブを打ちます。

ボールと同じように自分も動くので縦のジャンプフローターよりは打ちやすく、ジャンプしている分高い位置でミートできます。

大体の選手はコートの中心からサイドラインに向けて移動することが多いのでコートの角の位置で打つことになるので対角へ長いサーブも狙えます。

スパイクのステップのように決まりはなく、右利きの場合なんとなく右へ走って行って、左手でトスをあげ、左足で踏み切ってジャンプそのままサーブを打ちます。バスケットのような片足飛びを意識すると簡単に習得できるかもしれませんね。

ジャンプする際にサイドラインを踏んでサーブを打ってしまうとラインクロスとなるので注意しましょう。

serve_jf_01

 

ジャンプサーブ

  • 難易度:★★★★★
  • 速度   :★★★★★
  • 威力   :★★★★★
  • 変化   :★★☆☆☆
  • 命中   :★★★☆☆

世界バレーなど上級者になるにつれて見る機会が多くなります。

威力よし、スピードよしととても協力なサーブですが、その分難易度が高くミスも起こりやすいサーブとなります。威力や速さでレシーバーを弾くことはできますが、回転は縦のドライブ回転のため左右の変化はあまりなく面をしっかり揃えて威力を殺してあげれば意外と取りやすかったりします。

ジャンプサーブ打ち方解説

手投げジャンプスパイクと同じように自分の前方に少し高めに投げて助走しスパイクのように打ちます。

前に投げすぎてラインクロスしないように注意してくださいね。

高いトスのジャンプサーブが多いですが、自分は走り出しながら低くトスを上げるジャンプサーブが好きです。

 

特殊なサーブ

ここからは普段あまり見ないようなサーブを紹介します。

天井サーブ

  • 難易度:★★☆☆☆
  • 速度   :★★☆☆☆
  • 威力   :★★★★☆
  • 変化   :★★☆☆☆
  • 命中   :★★☆☆☆

天井サーブ打ち方解説

アンダーハンドサーブを上方向に思い切り飛ばすことにより落ちてくるボールの勢いでミスを誘う、天井ぎりぎりに打ち上げられるサーブ。

学校の体育館だと天井の高さが低いためそこまでの威力ですが、大きな会場に行けばその分天井の高さも高くなるため効果抜群です。

ちょっと高度なテクニックですが、ボールを打ち上げる時に回転をかけることによってさらに取りにくくすることもできます。

 

ドライブサーブ

  • 難易度:★★★☆☆
  • 速度   :★★★★☆
  • 威力   :★★★★☆
  • 変化   :★☆☆☆☆
  • 命中   :★★☆☆☆

ドライブサーブ打ち方解説

オーバーハンドサーブで手のひらを開きボールに縦回転がかかるように打ちます。体の回転力を利用して打つためそこまで力を必要とせずにある程度威力のあるサーブを繰り出すことができます。

回転がかかればかかるほどボールは落ちるので思い切り打ってもアウトになりません。

 

UFOサーブ

  • 難易度:★★★★☆
  • 速度   :★★☆☆☆
  • 威力   :★★★☆☆
  • 変化   :★★★★☆
  • 命中   :★★★☆☆

UFOサーブ打ち方解説

フローターサーブ時にボールに横回転を加えて打ちます。

横に逃げていくサーブにとりにくさが倍増します。