ライト(ウイングスパイカー・スーパーエース【オポジット】【ユニバーサル】)

更新日:2015/10/15

ライトと言ってもチムによっ役割の違う事が多々あります。そのチームに必要な役割を考えライトポジションに活躍させてあげましょう。

ライトとは

セッターと対角のポジション。自コートの右側で攻守を行います。

基本的な攻撃は右側でオープンやセミなどを打ち、センターの速攻と組み合わせた時間差などにも参加し相手ブロックを惑わします。

前衛ではブロック、セッターがフェイント処理した場合、2本目のトス(2段トス)をあげにいくことが多いため走攻守ともにある程度こなす必要があるマルチプレーヤー的な存在のイメージが強いですね。

また、スーパーエースと呼ばれる、ライトに強力な攻撃選手を配置してレフトやバックアタックなどいろんなところから自由自在に打たせるフォーメーションを採用するチームもありますね。

調べてみたところ最近ではスーパーエースのことをオポジット(OP【OS】)やユニバーサルと呼ぶこともあるそうです。

 

ライトのポジションと動き(一般的)

守備を意識したいポジションだと言えるでしょう。

前衛時のブロックは相手レフトと対峙することになるため間が開かないようにコースをしっかり塞ぐ必要があります。

また、レシーブは特にレフトのストレート攻撃のため、距離も短く2枚ブロックをつけているフォーメーションの場合ブロック後ろのフェイントにも対応する必要があるためとても大変です。

反して攻撃ではセンターやレフトに注目されがちなため相手ブロッカーが騙されて1枚ブロックなど相手の意表をついた瞬間も多く苦戦することなく得点を挙げられるはず。

 

ライトに必要なスキル

走攻守そろったマルチプレーヤー

どれかに飛び抜けているよりはどれもそつなくこなせる人が必要になってくることでしょう。

レシーブ、サーブカット、フェイント処理、2段トス、スパイク、ブロックどれを取っても関わってくるポジションなので一つ一つ確実に得点いつながるよう堅実にプレーをしましょう。

堅実さ

上にも書きましたが、攻撃はブロックが付いていないこともありえますので、そこで焦ってミスをしないこと確実に得点につながるスパイクを打っていきましょう。守備でもレシーブの要になることが多いので、チャンスボールをミスしない、確実にセッターに返せるような堅実さが必要になってくるはずです。

 

スーパーエースのポジションと動き

ライトとは対照的に前衛、後衛関係なくどこでもトスが上がってくる非常に攻撃的なポジション。

レシーブ位置はその選手の得意な場所だったりするためチームによって違ったフォーメーションになっている場合もあります。

攻撃の起点のため好きなところから打てるのは魅力的だが、得点をあげないといけないというプレッシャーもあるのでメンタルを鍛える必要があるとおもいます。

スーパーエースに必要なスキル

攻撃力

バックアタック、オープン、セミ、時間差、様々なトスにしっかりと対応し、相手のブロックを吹き飛ばすほどの攻撃力がなければ務まらないと思います。

体力

スパイクを打つためにはジャンプして力一杯腕を振らなければいけないため、最低でも3セットスパイクを打ち続けられる体力が必要ではないでしょうか。