ローテーション

更新日:2020/12/05

ローテーションとは得点を決めた時に、守る位置を時計回り移動することを言います。

しかし移動するタイミングは決まっていて連続得点以外の時に限りサーブを打つ選手が次の人に移る必要があるためです。

連続得点では同じ人がサーブを打つことになるので、移動する必要がないのでローテーションはおらないんですね。

ローテーションの重要性

ではローテーションがあることで起こる現象を考えてみましょう。

最大のポイントはローテーションという動きがあることで、前衛で攻撃できる選手が常に変わってしまうということです。6人のレギュラーメンバー全員で攻撃と守備をしなければいけなくなります。

ですので、1人だけ打てる選手(図のA)がいてもその選手がローテーションして後衛に回ってしまうとバックアタック(アタックラインより後ろでジャンプした攻撃)でしか攻撃ができなくなってしまいます。

そうするとなかなか1人では得点できなくなりますので対角「(A)ならば(D)の選手のこと」にもう一人打てる選手を配置してAが後衛に回った時に前衛にくる選手を配置する必要が出てくるんですね。

試合に慣れていても次のサーブ誰だっけ?や気づかないうちにローテーションしていなくて反則となり失点してしまうこともありますので最初のうちは難しいかと思いますがローテーションに慣れておきましょうね。

コメント

コメント機能の実装テストをしています。入力したメールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください