対人パスをしてみよう

更新日:2016/03/30

対人パスとは?

対人パスとは向かいあってオーバー、アンダー、立ち状態でスパイク(球出し)など、なんでもありのルールでパスをつなげるバレーボールのアップには欠かせない練習方法です。

今まで練習してきた基本動作の全てを使った動きのある練習で、2人で行うので動きのある生きたボールを触る機会になりますので対人パスがしっかりできるようになる事が初心者からの脱出の第一歩だとおもいます。

対人パスの流れ

流れといってもパスと同じで交互にボールに触る事になりますがいろいろやる事が増えるのですこし難しくなりますよ。

まずは余計な力を抜いて軽く膝を曲げて構えましょう。

膝を曲げる事によって足が出やすくなりますし膝を使う事によって高いボールを出す事もできます。

taizin_01

なんとなく対人パスにはルールがあり、対人パスを行う選手をAとBの2人で行うとすると、、、

Aパス→Bミート→Aレシーブ→Bパス→Aミート→Bレシーブ・・・といった感じで球出しとレシーブが交互に入れ替わります。

対人パスをするにあたって大切な事

taizin_02

対人パスは1対1で行うので必ず相手がいます。

  • トスを上げるにしても高さは足りているか、ちゃんと届いているか。
  • レシーブするにしても相手の取りやすいボールになっているか、自分が足を動かさなかったばかりにフォローさせていないか。
  • ミートも相手の取れる位置に打てているかなど

次の人の事を考えてプレーしなければ何回もつなげる事はできませんのでお互いにフォローし合いつなげるようにしましょう。

なにはともあれまずはつなげる事

まずはつなげる事が前提とあるので無理はしないようにしましょう。

  • 無理な姿勢でオーバーをしていないか
  • 無理な飛び込みや走ってぶつかりそうになっていないか
  • 無理な体勢でボールを打とうとしていないか

無理が増えるほど相手もフォローできなくなってミスに繋がってしまいます。

最初はすこしずれてしまったボールは無理をせず修正しましょう。

もちろん、球出しも同じで打つだけでなく柔らかいボール(フェイント)で球出しでもいいですし上のサイクルだと修正できなくなってしまうので

Aパス→Bミート→Aレシーブ→Bフォロー→Aパス→Bトス→Aミート→Bレシーブ・・・といった感じでワンクッション挟むのもいいと思います。

この対人パスを基本として試合に必要な様々な動きを練習し身につけていくことになりますので時間があれば何回でもやりましょう!

コメント

コメント機能の実装テストをしています。入力したメールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください